HOME » ステップ3 ワンルームマンション投資のメリット » 家賃収入で安定した人生設計!!

家賃収入で安定した人生設計!!

現在の婚活事情とは

(もちろん、不動産があるからと言って結婚に有利、などということはありません。)

不動産購入にあたり、将来を色々考えてみた私です。
そのときにふと考えた、婚活について少し触れてみたいと思います。

不況のさなかでも「婚活ビジネス」は成長を続けています。
「婚活」という言葉が生まれてから数年経ちましたが、現在はすでに「婚期」なんて言葉は死語。
婚活には再婚ビジネスも含まれており、老若問わず婚活を行うという不思議な事態に!

結婚の内訳を見ても、実は再婚が占める割合が高く、
さらに、高齢者同士の安定した老後のための結婚は一般的になってきているようです。
これも急激な高齢化社会が生み出した現象の1つ・・・なのでしょうか。
一昔前は倫理的に資産を対象にした結婚はタブー視されてきましたが、現在では愛だの恋だの言っていられない??
いやいや、自分はしっかり恋して相手を見つけますよ(笑)

資産を対象にした結婚は、高齢の方のみの話ではありません。
当然のように、結婚=生活保障が男性にも求められるのです。
もちろん、不動産があるからと言って結婚に有利、などということはありません。
勘違いしないようにしましょう。

マイホーム購入のための資金にも

永住できる場所があるというだけでも、得られる安心感は段違いとなることでしょう。
しかし今後、いくら仕事を頑張ってみても劇的な収入増は期待できないと私はふんでいます。
だからこそ、ある程度余裕のある今、資産を増やすことを考えたのでした。

もちろん長期のローンは必要となりますが、若いうちに始めれば、40代での完済も十分可能です。
たぶん・・・(笑)
完済後は不労所得をマイホーム資金に充てようかな、なんて夢は広がります。
我ながらスマートな形のライフプランと思えるのですが、いかがでしょう?

老後の家賃収入を見据えて

不動産は資産を元々持っていた高齢の方のイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。
現在、豊富な資産を持っている高齢の方は若い頃から不動産取得に苦労したから、現在があると私は思っています。

もちろん、代々受け継がれた土地を運用している方も少なくありませんが、
どんなに望んでも得られるものではありませんので、それは特別なケース。

多くの人は不労所得を得るために、長い年月を節制し続けた結果によるものなのです。
私も、その人たちに続け!とばかり、賢く節制しながら、将来を安泰に暮らすために頑張ります!