HOME » ステップ2 ワンルームマンション投資業者を選ぶ

ステップ2 ワンルームマンション投資業者を選ぶ

賃貸VSリースシステム

家主として貸し出す場合、地元不動産に頼む場合と、リースシステムを利用する場合、具体的にどのような違いがあるものなのか検証してみましょう。
 

  賃貸(地元不動産に依頼) リースシステム
募集 入居者募集を不動産屋に依頼する  入居者募集は運用会社に任せる
家賃 家賃収入が途絶えた場合、不動産屋に対策をお願いする、もしくは直接請求をかける。  運用会社によっては家賃保障システムがあるため収入が途絶えない
転居 リフォーム費用を敷金の中から賄い、残金を入居者に返還する、もしくは追加請求をかける。  運用会社によってはリフォーム費用は毎月の手数料の中から賄われる。

 

比べてみると、リースシステムが都合の良いことばかりですが、
実はこのリースシステムは、私がお世話になっている不動産会社の実例です。
家主になった際、一番の問題となるのが家賃の滞納や空室といった、収入面での不安が挙げられます。
このシステムにおいては、空室保障もついているため、基本的に何にも心配がいらないのです。

サブリースシステムのデメリットとは

家主の不安を解消してくれるサブリースシステムではありますが、デメリットもあります。
それは敷金・礼金取得が運用会社の取得となるということです。
このように書くと家主としての旨みを根こそぎ持っていかれるような印象を受けるかもしれませんが、そうではありません。

昨今の不動産事情の報道にあるように、現在は、借り手の権利が家主の権利よりも尊重されやすい傾向にあるのです。
そのため、退去時のリフォーム費用も不必要な工事と判断されて、
支払い拒否=敷金の全額返済訴訟といった裁判も起こされるリスクがあります。

そのため、面倒な借主とのやり取りも、全て運用会社任せのサブリースシステムというのは、
借主の権利が強まっている現在においては家主に有利なシステムとも言えます。

このことがデメリットなのかメリットなのかの判断は・・・家主の管理能力次第ということです。

物件を複数所有するならリース

一軒目の運用が軌道に乗ったら、次はアパートの経営も検討している私にとって、
リースシステムを経験しておくことは非常に大きなメリットでしょう。

なぜなら、入居者ごとに必要な収支報告義務や、面倒な税制手続きといった手間を、
運用会社一つで簡単に済ませられるからです。

バブル期の不動産業界を知るものにとっては、とても危険な状態にもみえる現状ではありますが、
平成世代の私にとっては、非常に気軽に不動産を持てる良い時代に感じます。
複雑な書類も親身になって対応してくれる担当者任せでOK。

不動産の担当者さんは、契約後だいぶたっていますが、気になったことをちょくちょく電話しても
的確に答えてくれるので安心できます。
きちんとフォローしてくれているなぁ・・・と感心しています。

取り組むまでは不動産は利回りがいいけど面倒な資産運用といった印象ばかりでしたが、
こことの付き合いはとてもスマートでシンプルな関係
日常のサラリーマン人生に負担をかけることはありません。

コンテンツ一覧

まずは資料請求!

理想の不動産会社は、理想の物件によって変化する。

不動産投資セミナーではここに注目!

営業マンの良し悪しで不動産業者を見分ける。

リスク回避はサブリースで

サブリースシステムとは?空室保証や、リフォーム代行などの保証内容を徹底調査。

賃貸大家は忙しい

物件を貸し出す場合、どんな負担が掛かるのでしょうか。

不動産投資会社の選び方

資産を安心して託すなら安定感ある業者を選びたい。